感謝瞑想 ステップバイステップ 感謝を極める2

感謝瞑想 ステップバイステップ 感謝を極める2

レベル2<補助輪の技>

感謝できることに感謝することに慣れてきたらもうちょっとハードルを上げてみましょう。

ふつうは「ありがたいことをしてもらったら感謝する」これは当たり前の感謝ですね。自己啓発系プログラムやメンタルヘルス系の本で言っているところの感謝は「あって当たり前のこと」への感謝や「あってもらっては困ること」への感謝を求めているんです。だからハードルが高いわけです。それはクライアントさんが根性が無いとかやる気が無いからとかではなく、感謝できることが無いんだから感謝すること自体が難しいんですね。そこで感謝できることを無理矢理くっつけて感謝する練習をします。自転車の練習に例えれば補助輪をつけて走っているようなものですね♪

まずはいつもお世話になっているくせにちっとも感謝できていない自分に感謝!
「私の足よ、いつもありがとう。君たちのおかげで好きなところに歩いていけるから♪」
「私の手もありがとう。好きな人と手をつなげるのは君たちのおかげさ♪」
「胃袋さんもありがとね♪いつも暴飲暴食ばかりですまないね。今度からできるだけ君に優しいものを選んで食べるようにするよ」
「髪の毛さんもありがとうね。ちょっと薄くなってきたけどまだまだ頑張ってね」
「弱点の腰君、いつも支えてくれてありがとう。君がぎっくりしないように心がけよう♪」
「鼻どのもかたじけのうござる。おいしそうな香りも貴殿がいなければ分からんでござる」
「眼さんもありがとうね。綺麗なものがたくさん見えるよ」

自分の体の後は身の回りのあって当たり前のものに感謝していきましょうね
「コップさんありがとう。君のおかげでおいしい水が飲めるのさ♪」
「コップが載ってるテーブルさんもありがとう……」

さて、いくらでも続けられるんですがあとはみなさんの創意工夫を待ちましょう。この記事にみなさんの作った「ありがとう」がたくさんコメントされることを祈っています。

continue

感謝瞑想 ステップバイステップ 感謝を極める1

感謝瞑想 ステップバイステップ 感謝を極める1

ありがとう

いにしえの昔から感謝の効用は広く知られていて、「ありがとう♪」と言い続けるだけで悟りを開いたという話も聞いたことがあります(ホントかな?)。そこまでいかなくて感謝することで開運したり、心が穏やかになったりと宗教的な教えや自己啓発系プログラムやメンタルヘルス系の本にはたいてい感謝しましょうって書いてあります。

実は一時期集中的に感謝のエクササイズをした時期があって、ものすごく効果があった(自己肯定感と愛が深まった!)ので、皆さんに「ありがとうって言ってみましょう」とお勧めしたりはするんですがたいていは長続きしません。「身の回りの何気ないことに感謝するようにしましょう」と指導すると次にあったときにはたいてい「いやあ、感謝難しいです!やろうと思ったけどかえってつらくなっちゃってやめました」とそういわれることが多いのです。

そこでもう一度聞くと「自分を苦しめている人に感謝しようとしたんですが…」とおっしゃるわけです。そんないきなりラスボスみたいなのに挑戦して失敗するに決まってます!旅立ちの村の周辺でスライムと戦い、自力(感謝力?)をつけて装備を充実させてレベルをアップしてから挑戦することが大切なんです。いつも言っていることですが段階的に少しずつクリアしていくのが心のトリセツ流のコツです。

レベル1<アファメーションの活用>
「いやあ、ホントに助かったよ!ありがとう」
私たちが何かに感謝するときは、○○は私の役に立ったから感謝するという図式になっています。いわば条件付の感謝です。まずはここから入っていくわけです。ふだんのアファメーションで「ありがとう」とか「私は感謝しています」とか「私は感謝できる人間です」などと口に出して言っておきましょう。すると日常生活のなかで感謝できるようなことに自動的に注意がフォーカスしていきます。海外旅行を計画すると雑誌の特集に気づくという例の図式ですね。だから感謝しやすくなるんです。いや、感謝の対象は今までどおりにあったんですがそこに気づきやすくなるという次第です。

continue