カテゴリー別アーカイブ: Q&A

Q「マインドフルネスは一時しのぎですか?」

A ちがいます

 

マインドフルネス3秒ルールや呼吸法などでネガティブ感情を抑圧したりポジティブ思考でごまかしたりしても、ネガティブ感情の原因を解決しなければいずれ抑圧したネガティブ感情が増大してしまわないかという質問です。

 

 

 

まさにその通りです。ネガティブ感情を抑圧すれば処理されない感情はやがて増大し、よろしくない結果を引き起こすことでしょう。

 

 

 

マインドフルネス3秒ルールはネガティブ感情をポジティブ感情で抑え込むことを目的とはしていません。

 

このプログラムはマインドフルネス未経験者・初心者に向けてのものです。

 

つまりたまたま偶然にマインドフルネス体験があっても、マインドフルネスとは気付かずにそのままうわのそらモードに戻りネガティブ思考してしまう人に、

 

「これがマインドフルネスという得難いチャンスである!」

 

と認識してもらうための仕組みがマインドフルネス3秒ルールです。

 

 

 

マインドフルネス3秒ルールの手順は

1)ネガティブ思考していることに気付いたら

2)3秒以内に

3)喜びながら「マインドフルネスを」再確認し

4)感情に名前をつけて、実況中継します

アドバンスコースでは、この感情が気にならなくなるまでマインドフルに観察するという手順を踏みます。

 

 

 

マインドフルネス3秒ルールのあとには感情をあるがまま観察し、手放すことが必須です。

 

それが感情に名前をつけ、実況中継し、さらには感情を観察する手順です。

 

マインドフルネス3秒ルールは自転車の練習のときの補助輪のようなものです。

 

 

自転車に乗れるようになれば補助輪はむしろ邪魔になります。

 

自分がマインドフルであることに気付いたなら、そのまま感情に名前を付け、実況し、観察することで問題の解決を目指します。

 

 

Q マインドフルネスとはポジティブ思考ですか?

 

Aマインドフルネスとはポジティブ思考ではありません。ポジティブ思考しているときに「自分がポジティブ思考している」と知っていることがマインドフルネスです。

 

彼氏からメールの返信がなかなかこない、という例で考えてみましょう。あるがままの現実はメールの返信が来ていないということです。

 

 

ネガティブな人は「嫌われちゃったんだ…」とネガティブに考えて不安になったり落ち込んだりするかもしれません。

 

 

怒りっぽい人やいらいらしている時なら、「なんですぐに返信しないのよ!」と怒りを感じることでしょう。

 

すこしゆとりがあれば「そ、そうだ!きっと忙しくて返信できないだけだわ」とポジティブに考えるかもしれません。

 

 

マインドフルネスとはネガティブ思考にとらわれていることでもなければ、がんばってポジティブに考えてみることでもありません。

 

自分がネガティブ思考していること、自分がポジティブ思考していることに気付いていること、それがマインドフルネスです。

 

 

それはあたかもテレビドラマ見ているかのように一歩ひいた視点から、自分と自分をとりまく現実を客観的に、冷静に観ることです。

 

その結果、今までとらわれていたネガティブ思考を手放してポジティブに考えてみるチャンスが得られるのです。

 

ポジティブ思考自体はマインドフルネスではありません。マインドフルネスとは自分がネガティブ思考していることに気付いていることです。その結果、ポジティブに考えてみるチャンスが得られるのです。

 

怒りを手放すテクニックはいろいろ知られています。

 

深呼吸する

3つ数える

素数を順に数える

その場をとりあえず離れる

ボールペンを分解する

ポジティブな側面をさがしてみる…

 

しかし、怒りにとらわれている真っ最中にはそれらのテクニックを思い出すことさえ出来ません。

 

これらのテクニックを使えるのはマインドフルネスだからです。自分が怒っていることにマインドフルに気付いた人だけが、怒りを手放すテクニックを思い出せるのです。

 

マインドフルネスはポジティブ思考でも怒りをおさえるテクニックでもありません。

 

しかしポジティブ思考し、怒りを手放すテクニックを使いこなすためにはマインドフルネスが必要なのです。

 

それだけではなく、マインドフルネスとはあらゆることを効果的に行うための土台なのです。

Q マインドフルネスは宗教ですか?

 

質問に答えることがインスピレーションのヒントになることが多く、とても楽しみです。今回も質問をいただきました。

 

Q マインドフルネスは宗教ですか?

 

 

A マインドフルネスは心の状態です。

 

「今、ここ」の現実にリアルタイムかつ客観的に気付いているという心の状態がマインドフルネスです。

 

その状態に至る方法がいろいろありますが、その中の一つが座禅や瞑想です。

 

 

 

マインドフルネスはお釈迦様が悟りを開かれた時の瞑想に起源があり、仏教の枠組みの中で伝えられてきました。

 

その結果、マインドフルネス=仏教というイメージが強いです。座禅や瞑想はマインドフルネスという心の状態になるためにとても有効な方法です。

 

 

その一方、マインドフルネスは心の状態であり、宗教とだけ関係があるものではないとも言えます。

 

日常生活の全てのことは、うわのそらモードでやってしまうこともあれば、マインドフルに行うこともできます。

 

掃除を、選択を、仕事を、子育てを、食事を、そして呼吸法やヨガや瞑想をマインドフルに行えば、それがすなわちマインドフルネスを強化するエクササイズになります。

 

それは宗教とは無関係です。瞑想を宗教とは無関係に行うことも可能です。

 

 

つまりマインドフルネスを宗教を通じて学ぶこともできれば、宗教とは無関係に日常生活の中で学ぶこともできるのです。

 

 

心のトリセツ研究所では宗教とは無関係に日常生活の中にマインドフルネスを取り入れる方法を研究しています。